DOBON (深海探査機)

展示の見所

世界で使用されている水深1000~3000mの深海探査機は巨額な開発費の為極限られた機関で少数製作され大型で高額(億単位)熟達したオペレーター、高額な運用費が掛かる為多くの探査要望が有るが対応できない現状である。
これら多くの需要に対応できる今までに無い新しい構想のガラス球を使用した安価、軽便な超小型探査機を開発しようと葛飾区内の小規模企業5社の高い技術を結集し開発を行なっている。

葛飾区内の小規模企業5社と東京理科大学、葛飾区の産学官連携で開発を進め短期間で製品化を目指し市販を計画している、葛飾区内町工場の技術力、知恵、知名度を上げ、新たな市場創生など活性化、挑戦意欲につなげる。
また同機をベースとし水深3000mに対応できる深海探査機開発も計画している。


プロジェクトメンバー
  • ・株式会社杉野ゴム化学工業所 代表取締役 杉野行雄
    (プロジェクトリーダー)
    http://www.sugino-gomu.co.jp
  • ・有限会社アイデック企画 代表取締役 岩下義之
    (プロジェクトサブリーダー)
    http://idech.web.fc2.com
  • ・有限会社内山ゴム 代表取締役 内山実
  • ・株式会社アステックス 代表取締役 浅野文明
    http://www.astex.gr.jp/index.html
  • ・株式会社ケイワールド 代表取締役 遠藤和夫
    (広報)
    http://www.keiworld.net


PAGETOP
  • 見本市主催
    葛飾区
    東京商工会議所葛飾支部
  • 町工場見本市2018 運営事務局
    株式会社コンベンションリンケージ内
    〒102-0075 東京都千代田区三番町 2
    TEL  :  03-3263-8695
    FAX  :  03-3263-8693
    E-mail  :  machikouba@c-linkage.co.jp