セミナー

2月8日(木)10:30~11:30 特別講演 

作家 : 江上 剛 氏

1954年1月7日生まれ。兵庫県出身。
1977年早稲田大学政治経済学部政治学科卒業後、旧第一勧業銀行(現みずほ銀行)入行。
モーレツ銀行マンとして、数々の不祥事解決に手腕を揮う。梅田・芝支店の後、本部企画、人事関係
(総括部、業務企画部、人事部、広報部、行内業務監査室)を経て、高田馬場、築地各支店長を務める。
2003年3月に退行。
1997年「第一勧銀総会屋事件」に遭遇し、広報部次長として混乱収拾に尽力。
その後のコンプライアンス体制に大きな役割を果たす。
銀行員としての傍ら、2002年『非情銀行』で小説家デビュー。
2003年退行後、作家として本格的に活動。『失格社員』(新潮社)はベストセラーに。
「クラレ」や「JAL」等大企業を題材とした小説も多く、入念な取材を基に、リアルな社内模様を描いている。

現在の活動

【テレビ・ラジオ】
フジテレビ 「みんなのニュース」
フジテレビ「Mr.サンデー」
フジテレビ 「新報道2001」
日本テレビ 「真相報道 バンキシャ!」
テレビ朝日 「報道ステーション」
TOKYO MX 「モーニングCROSS」
JFN 「OH! HAPPY MORNING」 等多数

【雑誌・インターネット】
アサヒ芸能、経済プレミア、日刊SPA!、幻冬舎ゴールドオンライン、J CAST、ダイヤモンド・オンライン 等多数

【著書】
『病巣 巨大電機産業が消滅する日』 (朝日新聞出版 2017年6月)
『庶務行員 多加賀主水が悪を断つ』 (祥伝社 2017年6月)
『特命金融捜査官』 (新潮文庫 2017年5月)
『クロカネの道 鉄道の父・井上勝』 (PHP研究所 2017年3月)
『56歳でフルマラソン 62歳で100キロマラソン』 (扶桑社文庫 2017年2月)
『人生に七味あり』 (徳間書店)
『怪物商人 大倉喜八郎伝』 (PHP研究所)
『家電の神様』 (講談社文庫 2016年12月)
『働き方という病』 (徳間書店 2016年11月)
『庶務行員 多加賀主水が許さない』 (祥伝社文庫 2016年)
『天あり、命(めい)あり』 (PHP研究所 2016年)
『会社という病』 (講談社 2015年)
『ザ・ブラックカンパニー』 (光文社 2015)
『腐蝕の王国』 (幻冬舎文庫 2015年)
『退職歓奨』 (実業之日本社文庫 2015年)
『帝都を復興せよ』 (光文社文庫 2015年)
『ビジネスマンのための「幸福論」』 (祥伝社新書 2015年)
『銀行支店長、走る』 (実業之日本社文庫 2015年)
『慟哭の家』 (講談社文庫 2015年)
『成り上がり』 (PHP新書)
他多数

logo

第4回 町工場見本市2018

banner,facebook

PAGETOP
  • 見本市主催
    葛飾区
    東京商工会議所葛飾支部
  • 町工場見本市2018 運営事務局
    株式会社コンベンションリンケージ内
    〒102-0075 東京都千代田区三番町 2
    TEL  :  03-3263-8695
    FAX  :  03-3263-8693
    E-mail  :  machikouba@c-linkage.co.jp